2011年3月13日日曜日

稽古で身体を動かして、はつらつとした心を

今回の地震で多大な被害に見舞われたみなさまに、
心からお見舞い申し上げます。

私たちでできること、たくさんあると思います。
我々の日常の活動を自粛をせずに、普通に生活を送ること。
経済活動を止めないこと。
きちんと経済を回して、活気を保つこと。
そして、そのことで直接あるいは間接的に支援をすることに
つなげること。

わたしは阪神淡路大震災の被災者です。
そんなに年を取っていないのですが、まさか二度もこのような震災に遭うとは
夢にも思っていませんでした。

幸いにして、元気に生きています。
もちろん、精神的にはかなり疲弊しています。
それは、自分の意思とは関係なく、神戸の記憶が身体の奥から蘇るからです。

大地震に関しては、経験があるために、
きっと冷静に対処できる。
役に立つ情報を少しでも発信できる。
そう自負していました。

実際、そうなのですが、
過去のトラウマの記憶が蘇り、
精神に想定外のダメージを与えていることに驚きました。

わたしと似たような経験をされている方は
たくさんいらっしゃると思います。
twitter, mixiを覗いているだけでも、
そういう方をたくさんお見かけしていますから。

これから、このような状態がしばらく続きます。

自然災害との付き合いは、長丁場です。
経済的、精神的に、いろいろな課題がどんどんと
押し寄せてきます。

それに負けないための、健全な心身を少しずつ
培っていくことが、何よりも大切な復興へのアクションだと
考えています。

そのような考えから、WIMAでは今日も通常通り稽古を致しました。

家の中にいるとふさいでしまうので、身体を動かす。
これは、ひととしてとても健全な発想だと思います。

きょうは、そのような訳で、とても楽しくお稽古をすることができました。
幸いにしてお天気にも恵まれています。
明るい日差しの中、汗をかいて、身体を動かす。
うっ積する感情を、上手に発散する。

この時間で明日からの活力が、また生まれます。

よかったら、いつでもWIMAを覗きにいらしてください。

<文責 木村>

春のプチ合宿の参加者を募集中です。

下記チラシをクリックして、詳細をご覧ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿