2010年10月21日木曜日

リレーブログその8

フランソワです。
wimaのリレーブログのとりを飾ります。

大会閉会式をさっき終えてもどってきたところです。
これで、第4回世界伝統武術大会のイベントはすべて無事に終わりました。

20日のきょうは、大会が用意してくれた武当山ツアーがあったので
全員で山に戻り紫ショウ宮にお礼のお参りをしてきました。
道士たちも、大喜びで僕たちの報告を聞いてくれました。

もちろん、武術学院にも報告に立ち寄り、
師匠や学院長から暖かく迎えられました。
菅師父のうれしそうな顔が忘れられません。

大会中は、世界中の人たちと友人になり、
なりゆきで他国の選手たちのコーチ役まですることになり(笑)、
凝縮された時間の中でほんとうにたくさんのことをしたので、
今はへろへろで何を書いたらいいのか、さっぱりわかりません。

一言だけいえるのは、WIMAチームのひとりひとりを本当に
誇りに思うということです。

それぞれに思うこと、学んだことがあり、
それがこの先、大きな成長をするきっかけになると思います。

世界には色々な環境やコンディション、経済状況で
参加してきている人たちがいます。
その中に混じると、大会に参加できたことの幸運を
実感しますが、それはチームのみんなも同じことを感じているでしょう。
そして、日本に残って応援してくれているみんなのことも思いながら
それぞれの時間を充実して過ごしてくれたようです。

こんなに充実した時間を支えてくれたのは、
武当山生まれの通訳ガイドで、今回の我々のアテンド役を
引き受けてくれたTsongTsongです。
彼女にも、心からお礼を言いたいと思います。

明日は、大会が開催された十堰市を離れて
武当山の麓町のラオインに戻ります。

美紀子さん、ガエルは、そこから日本にもどって、
残りのメンバーは金曜に中国を発ちます。

それではみなさん、
日本で再見!

フランソワ

0 件のコメント:

コメントを投稿