2010年10月17日日曜日

リレーブログその3

お待たせしました!
きょうのBlog担当、木村彩です。

昨日は午前中にガエル、夕方にコーチのフランソワ
がそれぞれ武当山に到着、今朝は最後のチームメイトの
上田さんが山に到着!



これでWIMA大会参加者、全員集合です。

山の学院で最後の稽古をつけてもらい、こちらで買い揃えたお揃いの
WIMAウェア(ちゃんとロゴも入っています)を着て、学校の中で師匠と
記念写真、さらにお寺でも写真をパチリ。
(実際は、大量に撮りました。笑。)

夕方17時、大荷物を抱えてバスに乗り山を後にして、
通訳をしてくれるTsongTsongとふもとで合流、
チャーターしたマイクロバスにぎゅうぎゅうに乗り込んで、
高速で30分ほどの隣町、十堰市(シュウヤン)に移動です。



目指すは大会本部があるArgyle Grand Hotel!



大会の最中は、このホテルのある界隈は交通整理がされていて、
すべてが通行止めになります。
大会関係者しか入れないようになっているために
まるで1930年代の上海の外国人居留地区のように
クリーンで人も少ない(笑)。



交通量がほぼゼロなので中国の地方都市ではあり得ないくらいに
ここだけ空気がちょっと澄んでいます(笑)。

世界大会らしく、ホテルの入り口に近づくと、
英語をしゃべるスタッフジャンパーを着た現地スタッフが
ささささっと近づいてきて、

「May I help you?」

おおおおおおお。
え、英語でしゃべってきたわ。

普通は外国人にも中国語でしゃべりかけてくるのが
中国式なので、英語でしゃべってくるなんてかなり違和感です(笑)。

さすが世界大会。

なんとか無事に登録デスクですべての手続きを終えて、
夕飯を食べ(山の学校の食堂とは偉い違いです)、
部屋に上がり、いま、このブログを打っています。




この部屋がまた驚くべき豪華さに、びっくりしています。
廊下では、他の国の子供たちが、あまりの豪華さに興奮しきって
きゃあきゃあはしゃいでいます。

山の学校では絶対に必要だったものが
ここでは全然いらない。
例えば、トイレットペーパーとかハンガー持参とか(笑)。

基本的私たちは山から降りてきた「田舎者」なので、
きらびやかなネオンや大量の車や人におののき、
ホテルのあまりの豪華さにあっけに取られている、
と言うのが本日のまとめです。
(情けないですね。)

そうそう。

チームメイトの宏美さんが、
さっきロビーでジャッキー・チェンと
すれ違ったそうです・・・・・。

ひゃー!!



あしたは、いよいよ、開会式です。
じゃ
さっきもらったプログラムによると、
我々の出場は女性は17日の19時から、
男性は18日の19時からです。
ジャッキー・チェンが登場します。

そして、さっきもらったプログラムによると、
我々の太極拳の出場は
女性は17日の19時から、
男性は18日の19時からです。

詳細は、また明日のチームリーダー&コーチミーティングで分ります。

それでは、今夜はこのあたりで。


【文責 木村彩】

0 件のコメント:

コメントを投稿