2010年10月15日金曜日

リレーブログその2



こんにちは。石井まゆみです。

昨日の午後と今日、学校はお休みなのですが、
短い滞在の私たちは、師父にお願いして、
特別にお稽古をつけてもらっています。

昨日から新しい気功を習い始めました。
5つの動物から構成されているもので、
それぞれが人間の臓器に対応しています。
最初は亀。中国の伝統文化では、将来を予言する力があり、
かしこく長生き、落ち着いて静かな動物です。
そういえば、映画の「カンフーパンダ」でも亀は師父として
出てきてました。そして、水に関係があることから、腎臓を強くし、
パワーをつけ、体を柔らかくするそうです。

さて。。。むっむずかしい。。。亀が優雅に泳ぐ動きがあるのですが、
私の動きはロボットのよう。。。でも、ちょっと新しい感覚。
上手くできてはいないけれども、とても気持ちがよいです。

今回の旅では、武術の世界大会に出るというひとつの目的があります。
そのために、18式の太極拳を練習してきたし、武当山に来ても、
師父から最後(?)のダメだしをしていただいています。
そんなことをやっていると、ついつい目の前の目標に集中しがちですが、
そもそも大会のために武術を習っているわけではないので、
新しいものを習える機会は、とても貴重です。

こちらに来て、師父の動きを見ていると、軸がしっかりきまっていて、
動きが早い!とにかく早い!無駄な動きがなく、使うべきところに
エネルギーが使えています。しかも、リラックス。
武当山に来るのは4回目なので、何度も見ている光景なのですが、
久しぶりに目の前で見るとやはりすごいです。
私が武術を習っているのは、自分の体を整えることもあるのですが、
武術を通して経験したことを普段の生活に活かしたいからです。
自然の中で生かされていることを感じることとか、
集中すべきところで集中することとか。。。たくさんあります。
あわただしい毎日を離れて、山で集中してお稽古できる日々は、
とても大事な時間です。




そして、今回はもうひとつ特別な経験をしました。
フランソワと師父のお稽古を見学に行ったのですが、
一緒にお稽古させていただいたのです。この師父、すごい。
何がすごいって、一本指だけで、私は軽く飛ばされてしまうのです。
しかも、「女性相手なので、お試しね」と、弱くしてもらっていたのに。
ああっ、なんて弱い私。。。しかも、近くに寄っただけで、
「相手に呑まれる」という感覚に襲われます。
とても、恐いです。
指1本でも、丹田から「気」の力が伝わっているそうです。
武術の道はまだまだ長い。。。
(注:恐い、と書きましたが、とても優しい笑顔の大きな師父ですよ)。

0 件のコメント:

コメントを投稿