2010年5月30日日曜日

5月30日のレッスン










先日は、ミッドタウンで開催された
マガジンハウスから発売されたタイチーDVD
『ザ・ジェーン・タイチー』の記者発表会に遊びに
行ってきました。

女優・水野美紀さんとチャオ・イエン先生の出演される
おしゃれでかわいいタイチーDVDです。
これを機に、日本の女子にタイチーブームが来るといいなあ、
って夢みています。

会見場で、『jane』の担当編集者とは
「盛り上げましょうね!」と、誓い合ってきました(笑)。

DVDに触発されて、うちの教室でも
“おしゃれタイチー”をちょっと実践してみよっかね、
なんて思ったりして(笑)。

まあ、かわいいTシャツ着ればいいだけの話ですが・・・。

さて、きょうのレッスンは、ものすごい人数が集まって
びっくりしてしまいました。

WIMAはじまって以来の、大盛況ぶりです。

やはり『jane』効果なのでしょうか?

そんなわけで、空は曇りでちょっと肌寒いけど
日曜の朝からテンション高めにレッスンがスタート。












下半身のインナーマッスルを作る効果のある
基本功を黙々とこなしつつ、新しく参加した生徒さんには
まわりの生徒さんや先生が
「こうすると、もっと動きやすいよ。」
と手取り足取り、アドバイス。

途中、ばかな笑い話なんかをしつつ、
きょうも相変わらず、わきあいあいと
レッスンが進行。

例えば、サザエさんの年齢が「24歳」という話が出て、
みなで驚愕していました(笑)。

休憩の前には、「馬歩」でスクワット!
これで美しい姿勢とヒップラインを作ります。

休憩のあとは、太極拳のつづき。
先週までやった動きのつづきをやってみました。














きょうは、いつもとはちょっと違う練習スタイルを
取り入れて、全員で同じ動きを学んだ後、
「自分のやりたいパートをもくもくと練習する組」と、
「きょうやったパートを集中的に練習する組」、
とに分かれてみました。

この新しい試みはなかなか良かったと思います。












実際、WIMAではレベル分けをしていません。
しばらく前からやっている人と、
今日からはじめたばかり、という人が
いっしょになって一つのスタジオで練習します。

こうすることのメリットは、お互いに教えられることで、
生徒さん同士が良いコミュニケーションをはかる、
ということもありますし、人に教えることで
さらに自分も上達する、ということがあります。

また、初心者の方は、少し進んでいる生徒さんが
時にはよいお手本になったりしてつられて上達する、
という効果があります。

ヨガやスポーツクラブだと
来ている人同士が仲良くなる、ということは
ほとんど無いのですが、WIMAの場合は
とても仲良くなります。

やっぱり、友達が増えるというのは
お稽古事の醍醐味の一つですよね。

わたしもWIMAの運営を始めて、
さらに新しい方との出会いが増えて、
とてもたのしい毎日です。

では、また次回!

【文責 木村】


【太極拳はじめて物語:30代の女社長が太極拳をやっている理由】

先週からのつづきです。

さて、いまや、太極拳教室を運営するまでに
なったわたしですが、太極拳にはぜんぜん興味を持たない
ティーンエイジャーを過ごしていました。

それが、ある時
「え、太極拳って、ちゃんとやったらスゴイ面白いかも?!?!?!」と
閃いたときがあったんです。

それは大学の体育の授業でした。

わたしは関西にある女子大に通っていたのですが、
基本的にスポーツが苦手なので
「なんで、大学に来てまで体育を・・・?!?!」と
不満だったのを覚えています(笑)。

そんなある日、授業で太極拳をやることになりました。
何式のものだったかはさっぱり覚えていませんが、
とにかく先生が「はい、きょうは太極拳を試してみましょう。」
と言ったときに「あ、きょうはチョロイ」と、内心ガッツポーズを
出したのは、すごくよく覚えています(笑)。

だって、見た目が簡単そうなんですもの。

それにお年寄りでもできるんだから、
ハタチの若い女の子には、赤子の手を捻るようなもの。

と、予測していたわたしが間違っていたことに
気がついたのは、先生の演武を見よう見まねで
やり始めて、数秒後・・・・。

「げ、この姿勢はツライ。明日、筋肉痛やばいかも。」

ずーーーっと中腰で、ゆっくりと動き続ける先生に
合わせて、自分も同じようにやってみるんですが、
これが中々しんどい。
たったこれだけの動きなのに、何で難しいんだろう、
それって筋力?などと、ぶつぶつ言いつつも、
いつのまにか没頭していました。

その時、はじめて太極拳って見た目と
やってみた感じでは、ぜんぜん違うのね・・・というのを
心底実感して、良い意味で裏切りにあったのが
爽快だったのです。

案の定、翌日はものすごい筋肉痛で
びっくりしました。

しかも、激しいスポーツが苦手で
日本式の体育会系の上下関係も嫌いだったわたしには
「こんなにゆるゆる動いて、これだけ筋力がつくものって
すごい!」という感動があったのです。

でも、残念ながら、太極拳の授業は
その1回きりだったんですよね。

それでは、つづきは、また次週!




【クラスのレベルについて】

WIMAのクラスでは、いろいろなレベルの方が
いっしょになって練習します。

初心者の方は、先生だけでなく、少し上級の方に
混じって練習することで、目指すポイントがとてもよくわかるようになります。

また、少しでも分からないことは、どんなことでも大丈夫なのでまわりに
どんどん聞いてください。
みなさん、どんどん教えてくれます。

少しでも不安のある方は、まずはメールでご相談ください。

2010年5月23日日曜日

5月23日のレッスン

こんにちは。
朝から雨で、しかも少し肌寒いですね。

きょうは、『jane』(マガジンハウス)が発売されてから
はじめてのレッスンということで、トライアルの方がたくさん
お越しくださいました。

みなさん、口々に「(教室の)写真が素敵!」や
「(雑誌自体の)太極拳の解説がすごくうまい。」と、
ページの評判が、すこぶる良い!

やっぱり、プレゼンテーションの仕方ってとっても
大事ですよね。

そして、何よりもとてもうれしかったのが、
うちの教室のウェブのセンスが、他の教室よりも
抜きん出て良かった!とお褒めいただきました。

お~~~~♪
がんばった甲斐がありました!
その場に、製作者がいなかったのが、とっても残念。
ほんとうに直接聴いてほしかったです。

さて、お稽古前半はいつもの基本的な
「下半身のインナーマッスルづくり」を狙った、
基礎的な動きの練習をていねいに。

太極拳や気功は、中腰の姿勢がたくさん出てくるので、
足首、股関節や膝の柔軟性がとても大事になります。

それを促すために、様々な姿勢や足の蹴り上げ方を
練習します。
(人に向かって蹴ったりはしないので、大丈夫です。)

この練習をしているだけでも、ふだん、
使わない筋肉をたくさん使うので、
ほかのフィットネスやスポーツでは手に入らない
細やかなインナーマッスルがついて、
とても理想的なスタイルに近づけるのです。

実際、うちの生徒さんは、みんなスタイルが良い!

練習後半は、太極拳です。
きょうははじめての方も多かったので、
あえて、頭からていねいに練習していきました。

太極拳は、「起式」と呼ばれるものから常に始まります。
宇宙や生命の誕生から消滅までを
一連の動きの中であらわしていく、
壮大な物語を、体ひとつで表現していくのです。

無の状態から有を生む。

言葉にするとかっこいいですけど、
それをさらに身体で表現できるようになると
もう感動ものです(笑)。

芸術です。

黙々と練習をしているうちに、時間がやってきて、
終わったら爽やかな気分!

外の雨も、ぜんぜん気にならない、
心は晴れ模様です。
これもまた、太極拳のたのしいところですね。

また、次回の稽古で!

【文責 木村】


【太極拳はじめて物語:30代の女社長が太極拳をやっている理由】

さて、先週はお休みをもらいました本コーナー。

わたしが、はじめて太極拳に出会ったのは
フランスに住んでいた時代の、おうちのリビングルームでした、
というお話でしたね。

日本に帰国後、じつは、20代になるまで
あまり太極拳に興味を示すことはありませんでした。
それもそうかもしれません。
誤解を恐れずに言うと、日本のティーンエイジャーで
太極拳に興味を示すとなると、
よっぽどの通が、変わり者、ではないかと思います(笑)。

なぜなら、日本での「太極拳」のイメージは
まさに「お年寄りの健康体操」であり、
ご老人に混じってティーンエイジャーの女の子が
ゆっくりと体を動かしている図は
なかなかイメージできません(笑)。

少なくとも、わたしの中ではそんな感じでした。

でも、ある時、「え、太極拳って、ちゃんとやったらスゴイ面白いかも?!?!?!」と
閃いたときがあったんです。

さて、そのお話はまた次回。


【クラスのレベルについて】

WIMAのクラスでは、いろいろなレベルの方が
いっしょになって練習します。

初心者の方は、先生だけでなく、少し上級の方に
混じって練習することで、目指すポイントがとてもよくわかるようになります。

また、少しでも分からないことは、どんなことでも大丈夫なのでまわりに
どんどん聞いてください。
みなさん、どんどん教えてくれます。

少しでも不安のある方は、まずはメールでご相談ください。

2010年5月22日土曜日

5月22日のレッスンと『jane』掲載!

このレッスンブログでは「気功・瞑想クラス」の
レッスンの様子を書いたことがなかったですね。

きょうは、お天気がとっても良くて
すてきな写真も撮れちゃったので、
ちょっと書いてみようと思います。

気功・瞑想のクラスは、名前のとおり、
武当式の気功とか瞑想の練習を中心にやります。

普段、忙しい生活に追われて、
息が上がりがちだったり、呼吸が浅くなっていたり
肩や背中ががちがちにこっている状態の心身を
穏やかにリラックスした状態に持っていきます。

そのために、丹田式呼吸の練習や
その呼吸を使ってゆったりとした動きの
繰り返し練習をします。

きょうは、お天気がとてもよかったので、
お日様を浴びながら、じっとりと気持ちのいい汗を
かきつつ、タイチーウォーク(太極拳の歩き方の練習)を
ていねいにやりました。
(写真)

不思議なことに、このゆったりとした動きに
頭と心を集中しながら練習していると、
いつのまにか、体の芯からふわっと軽くなっているんです。

一週間の仕事の疲れも、これでふわっとどこかに飛んで
いってしまいます。

ちなみに、気功・瞑想クラスは
毎週●水曜日20:00~21:30と●土曜日10:00~11:30の
2回あります。片方だけ、あるいは両方参加、お好きな組み合わせで
参加できますので、いつでもお気軽にどうぞ。

また、日曜日の太極拳・基本功のクラスとの組み合わせも
もちろんOKです!


 ★★★

5月20日に発売されたばかりのマガジンハウスのムック本
『jane』に、WIMAが登場しています!

太極拳特集のページに、とってもかっこよく登場しています。

さっそくお友達にも見せてまわったら、
「徹底的に、太極拳をかっこよく見せた!!!という
感じだね。さすがだ。」と、みな感動していました。

生徒さんのナマの声も載っています。
一読の価値アリ!

どうぞ、お近くの書店・コンビニでお買い求めください。
















































【文責 木村】

2010年5月18日火曜日

5月16日のレッスン

和気あいあいとスタートした、日曜のレッスン。
基本功の練習の途中で、「みんな、きょうはなんだかエネルギーが
有り余っているみたいだねえ。」なんて先生が言った瞬間
それが何を意味しているのか、その場のみんなはピンと来て
「げげげ、きた~~~~~~」と、
いっせいに声を上げます(笑)。

そう、恐怖の千回キックです。

まあ、実際にはキックを千回もしませんが、
それくらいに長い時間、けりの練習をその場でやることを
指しています。

だいたい、わたしたちは途中でよれよれになって
動きがぐでぐでになります(笑)
そういった持久力をつける練習も、時々混じると
クラスにダイナミックさが入っていいですね。

休憩のあとは、ひさびさの八卦掌です。
久しぶりすぎて、動きをなんとなく忘れていました。
なので、もう一度、基本中の基本から。

基本的な型の一番最初のところです。

360度の敵を想定して、うまく相手の動きを封じ込めていきます。
うまくいけば・・・ですが(笑)



【太極拳はじめて物語:30代の女社長が太極拳をやっている理由】
は今週はお休みです。
来週もどうぞよろしく。

【クラスのレベルについて】
WIMAのクラスでは、いろいろなレベルの方が混じっていますが、
まったく気にせずにみなさんで和気あいあいとやるので、
分からないことは、どんなことでも大丈夫なのでまわりにどんどん聞いてください。
みなさん、とてもやさしいのでどんどん教えてくれます。

2010年5月9日日曜日

5月9日のレッスン(写真追加!)

こんにちは。
今朝は自転車をぶっと飛ばしたら、なんと16分で稽古場に
到着しました!(通常25分。)

良い子のみなさんは
マネをしないでください(笑)。

きょうは新しい方が5人も体験にいらっしゃいました!
すごいですね♪
WIMAはじまって以来の快進撃です。

ということで、今朝は最初のごあいさつの時に
「いろいろなレベルの方が混じっていますが、
ぜんぜん、気にせずにみんなで和気あいあいとやるので、
分からないことは何でもまわりに聞いてくださいね」
というひと言を述べて、お稽古開始。

実際、生徒さんはみんな本当にやさしいので、
ちょっとでも「んん~~」と分からないオーラが
出てる人がいると、すぐに気がついて
「こうやると、分かりやすいよ」と
実にうまく解説してくださるんです。

やっぱり自分も分からない体験をしている分だけ
人に解説するときも、ツボをおさえて解説できるんですね。

きょうもストレッチをていねいにやって、
下半身を鍛えるための蹴りの練習を少々。

デュボワがいつも繰り返し述べるのは、
ストレッチも蹴りも太極拳も
なんでも「イメージの力を借りて動いてください」というもの。

つまり、ただ上に向かってのびのびーと体を
ストレッチするのと、空を触りたい!という気持ちで
ストレッチをするのとでは、まったく筋肉の使われ方や
体の力の抜け方が違うんですね。
後者の方が、断然いい!

そういうちょっとした「コツ」で
体の緊張やコリは簡単にほぐれたりするのですが、
一般的にはそういうことはあまり知られていないのです。

この教室では、こうした、ふだんでも使える体の使い方などを
ちょくちょく教えているので、とてもよいと思います。

小休止の後は、太極拳。

それにしても、先週から通いはじめた生徒さんも
実に堂々と動き始められていて、飲み込みの早さにびっくり。

「あれ?(昔から武術)経験者ですか?」って
周りの生徒さんもびっくり。

いい汗かいて、おいしいランチを食べて、
また明日から元気にお仕事ができる心身に
調整できました!

それでは、また来週!

いよいよ5月20日に発売される『jane』(マガジンハウス)
の宣伝ページがマガジンハウスHPに登場しています。

女優の水野美紀さんが先生といっしょになって
実演しているDVDもつきます。

http://magazineworld.jp/books/special/taichi/

ちょっと引用しちゃいますね:

太極拳は中国武術の一派。

陳式や楊式など多くの流派があるが、

陳式がその源流とされている。

とかくゆったりとした動きが強調されがちだが、

陳式太極拳では、時折繰り出される素早く力強い動きがその特徴だ。

中腰になっての動作が動きの特徴で、ヒップアップや下半身の

シェイプアップに効くと同時に、重心を低く保ち「気」を

丹田(おへその裏あたりにある、「気」のたまる場所)にためることにより、

精神を落ち着かせる作用もある。

さらに、太極拳の大きな特徴に「気」がある。

丹田を中心にカラダを巡る「気」を意識して、

一つ一つの動作に「気」を巡らせながら行うこと、

これが最も重要なのだ。

カラダとココロを繋ぐメソッドといえばヨガが有名だが、

太極拳も同様の効果が得られる。

全身を円を描くように動かし、

「気」をめぐらせるこのメソッドは、

有名でありながら皆が素通りしていた、

究極のコンディショニング・メソッドなのである。


(『jane』宣伝HPより)

わー、もっと褒めて褒めて~♪

というわけで、我々の教室も取材されていますので、乞うご期待。

イケメン生徒のインタビューつきです。


【文責 木村】


【太極拳はじめて物語:30代の女社長が太極拳をやっている理由】

さて、わたしが太極拳をはじめるに至ったお話の続きです。

先週のブログを書いたあと、実家に立ち寄った際に
父に太極拳のエピソードをもう一度確認してきました(笑)。

ウソは書いてはいけませんからね。

父いわく、パリ駐在員時代に出会った中国人の太極拳の先生の
ところに、帰国するまでずっと習っていたそうです。
その先生はフランス語で、10名ちょっとの人たちに
太極拳を教えていたそうです。

そして、日本に帰国した際に再開しようとしたら
日本では楊名時氏の流派がメジャーで
自分がやっていたのとは流派が違ったのでやめてしまい、
その後は、鍼灸、気功、整体と、同じ中医学のテリトリーの
様々な健康法をやってきているとのこと。
今でも、毎朝毎晩、体操をしていますよ。

そうなんです。
太極拳にはさまざまな流派があるんです。

基本的に、太極拳のような中国武術は
「一師匠一流派」と言われるくらい、
星の数ほどの流派が存在します。

実際に流派の名前がついているだけでも、
楊式
陳式
呉式
孫式
・・・と、いろいろあります。

わたしは以前、呉式の流派の1つである
「変架呉式」というものをやっていました。

そして、いま、武当式をやっています。
武当式は、まさに太極拳発祥の地である
中国湖北省の「武当山(ぶとうさん)」で
現在行われている、源流太極拳なのです。

自然のエネルギーをたっぷりと体に
取り込みながら、気を回していく
不老長寿の秘密を封じ込めた、
究極の太極拳です。

では、また次週!

【予告】
夏の御岳合宿は、7月31日(日)&8月1日(日)を予定しています。
詳しくは、また後日!


★本日の稽古の様子★










武当式太極拳



思い思いのパートを練習



先生も、ていねいに細かく教えています



生徒さん同士で教えあいっこ



稽古後のひとコマ:マッサージで極楽♪

2010年5月2日日曜日

5月2日のレッスン

こんにちは。

稽古場まで自転車で通うのが気持ちいい季節になりました。

先週は御岳山の合宿で、リフレッシュして、
しかも上達して、と一石三鳥くらいの収穫でしたね(笑)。

あれからあっという間に、1週間が過ぎました。

今週は、新しいトライアルの生徒さんが2名いらっしゃいました。
おふたりともはじめての太極拳なのに、
すごく体の軸がきれいに伸びていて、びっくりするくらいに
正確に動かれるのを見て「こういうのが筋がいいって言うんだあ。」
と感心しました。

すばらしい。

今日のスタジオは、鏡張り&板張りの池上会館多目的ルーム。
鏡があると、自分の動きがチェックできて、なかなか重宝します。

特に、中国武術の場合は、体の「筋」をきちんと作ることが大切なので
それを確認するのにちょうどいい。

どんな動きをするにしても、早くてもゆっくりでも
とにかく「筋肉」でがむしゃらに動くのではなく、
体の「筋」をきれいに出す。これが正確に動きを決めて
チカラを発揮する秘訣です。

今日の後半は太極拳でした。

ゆったりとみんなで動いていると、
先生が「すごーーーーい、みんなうまーい。」と感嘆の一言。

合宿参加組の目を見張る上達ぶりが
目に飛び込んできたようです。

・・・かく言うわたしは、みんなの先頭に立って
やっているので、せっかくの上達ぶりが見えません(泣)。



【文責 木村】


【太極拳はじめて物語:30代の女社長が太極拳をやっている理由】

先日から、わたしが太極拳をはじめるにいたったお話を
させていただいています。

前回書いたように、わたしが始めて太極拳に出会ったのは
おうちのリビングルームでした。
しかも、フランスに住んでいた頃のお話です。

父がフランスに駐在員として住んでいた頃に
確か太極拳の先生に出会ってはじめてみた。

実は、フランスはアジア系の移民がとても多い国です。
中国系の漢方医やら針医者やら、マッサージ師やら
気功・太極拳の先生やら、というスペシャリストが
かなり住んでいます。

だから、日本では出会えないような針の名医や
太極拳の師匠に、パリで出会う、というのも
物理的には可能なのです。

それにしても東洋人の父が、パリで太極拳を始める、という
組み合わせがなかなかおもしろいと思いませんか?

そして、その何年もあとに、今度はわたしが
フランス人と一緒に太極拳教室を主宰するとは(笑)。

ご縁って、おもしろいものです。

では、また次回もお楽しみに!


★先週の合宿の写真をいくつか載せておきます★